ほけんだより H30年8月

猛暑が続いています。子どもたちは、暑さの中でも夢中になって遊ぶので、水分の補給には十分に気を配り熱中症を予防しましょう。また、夏休みに遠出される方も多いと思います。体調やけがに気を付けながら休息を十分にとり、楽しい夏の思い出をつくりましょう。

熱中症

熱中症とは、高温多湿な環境に私たちの身体が適応できないことで生じる、さまざまな症状の総称です。
体温の調節機能がうまく働かず、体内に熱がこもってしまうことで引き起こされます。

熱中症の症状

顔がほてったり、呼吸が荒くなります。肌は熱く乾燥し、体温が上がっても汗が出ず、だるさ・めまい・頭痛・吐き気などを伴います。
熱中症がさらに進むと顔は青白く、大量の汗をかきます。意識がもうろうとしたり、けいれんを伴います。

なぜ子どもは熱中症になりやすい?

子どもは体温調節がうまくできず、温度変化の影響を受けやすいです。また衣服の着脱も水分補給も一人で行うのが難しいため、容易にかかりやすいです。

車や家の中でも熱中症になります。

特に車中では、気温が高くなくても高温になるので、子どもを一人にするのは絶対に避けましょう。

~予防のポイント~

  • 日中は帽子をかぶって外出をしましょう。日除けのあるベビーカーも照り返しで暑くなるので、散歩はできるだけ短時間で切り上げましょう。
  • 炎天下での遊びは、長時間に及ばないよう注意しましょう。海や屋外プールなどの水辺でも、30分毎に日陰で休息をとるようにしましょう。
  • 肩まで隠れる、吸湿性・吸水性に優れた衣服を選びましょう。
  • 水分補給は、電解質の入っている経口補水液などの飲み物を与えましょう。

鼻の日

8月7日は「鼻の日」です

鼻の役割とは…?

■呼吸をします。

■鼻に入った空気からほこりを取り除き、肺に空気を送ります。

■においをかぎます。

鼻を大切に!

鼻をかむ時は片方ずつ静かにかみましょう。両方を同時にかむと耳を痛めます。また、鼻の穴に物を入れないように注意しましょう。