H30.7 保健だより

夏に流行しやすい感染症

  1. ヘルパンギーナ…高熱とのどの痛み、口の中の水疱、口内炎が特徴です。
  2. 手足口病…発熱と口内炎、手のひら、足の裏の発疹が特徴です。原因となるウイルス数種類おり、発疹がお尻にできたり、発症後に爪が剥がれたりすることもあります。
  3. 流行性角結膜炎(はやり目)…目ヤニ、充血、涙目が特徴です。感染力が強いため、タオルの共有などはやめましょう。
  4. 咽頭結膜熱(プール熱)…高熱が3-5日、のどの痛み、目の充血などが特徴です。夏のインフルエンザとも呼ばれ、感染力が強いので注意が必要です。