H30.3 ゆらりんだより

いつの間にか日が長くなり、その穏やかな日差しの中に春の訪れを感じるようになりました。子どもたちの成長と同様に月日が経つのは早いもので、今年度もいよいよ最後の月を迎えました。期待と不安・両方の思いを抱きながらスタートした12月。ハイハイから歩けるようになったり、朝泣きながら登園していたお子様が笑顔で登園できるようになったり、自分の思いを表現できるようになったり、困っているお友だちを助けてあげたり、どのクラスの子どもたちも生活や遊びと色々な体験を通して、楽しい・うれしい・悲しい・くやしい思いを経験し心も身体も大きく成長しました。4月からの新しい環境にも自信を持ってスムーズに移行できることと思います。

12月からスタートし、4か月間を無事に送ることができたのも保護者の皆様の暖かいご理解とご協力があってこそだと、職員一同心より感謝しております。ありがとうございました。