園だより 平成30年6月

関東地方の梅雨入りも間近なようですね。送り迎えや通勤の事を考えると雨は憂鬱ですが、植物にとっては生長を促す大切な役割もあります。先日いるか組が、園庭のプランターにピーマンとミニトマトの苗を植えました。くじら組は枝豆の種と苗の2種類を育て、生育の違いを「研究」するそうです。恵みの雨や、お日様の日差しをたっぷり浴びて、収穫できるまでに生長してほしいですね。天候不順な日が続くとお散歩など戸外に出る機会は少なくなりますが、室内遊びを工夫したり、梅雨の晴れ間には戸外へ出かけ、雨上がりならではの発見や楽しい経験をさせていきたいと思っています。