給食だより 平成30年3月

厳しい寒さも少しずつ和らぎ、日に日に春の到来を感じられるようになりました。早いもので、今年度も残すところあと1ヶ月となりました。この1年で子ども達は、スプーンやフォーク、お箸が上手に使えるようになり、苦手な食材の入っているメニューでも完食出来ることが増え、大きく成長しましたね。また、食育活動では様々な食材に触れることができました。今年度も給食にご理解・ご協力いただき、ありがとうございました。

ひな祭り

ひな祭りは、女の子の健やかな成長を祈る節句の行事です。ひな人形を飾るのは、子どもに降りかかる災厄を身代わりになって受けてくれると考えられているからです。

ひなあられ

ひなあられは、昔、ひな人形に春の景色を見せてあげるため、女の子たちがひな人形を持って野山に出掛ける、「ひなの国見せ」という風習があり、お弁当と一緒にあられを持っていたことが始まりだそうです。伝統的なひなあられは、関東地方と関西地方で形が異なり、関東では、米のポン菓子に砂糖などで味をつけたもので、関西では、乾燥もちを揚げて、しょうゆや塩、青のりなどで味をつけたものです。

ひしもち

緑、白、ピンクの3色の餅を菱形に切って重ねたものを飾ります。色の意味にはいくつかの説があり、緑は「健康や長寿」、白は「清浄」、ピンクは「魔除け」を意味する説と、緑は「大地」、白は「雪」、ピンクは「桃」で「雪がとけて大地に草が芽生え、桃の花が咲く」という意味が込められているという説があります。

今年は3月3日が土曜日なので3月2日にひしもちに見立てたシベリアをおやつに提供する予定です。

クラスのようす

くまのみ組 もやしに触れました。はじめは細長くてたくさんあるもやしに警戒している様子も見られましたが、「ポキポキ折ってね」と手本を見せると、手を伸ばしたり、声を出したりと興味が出てきたようでした。長いもやしを半分に折ってまた次のもやしに手をのばしたり、一つのもやしを細かく折ったりとそれぞれ違っていましたが、みんな真剣に行っていましたよ。

ぺんぎん おやつにおにぎり作りをしました。初めてのおにぎり作りだったので、午前中に粘土を使って練習をしました。おやつの時間に「おにぎりの作り方覚えてる?」と聞くと「こうだよ」とおにぎりを握る手をジェスチャーで教えてくれました。ラップに包んだごはんを午前中に練習したように握っていました。粘土よりもごはんの方が柔らかく力加減が難しかったようでしたが、「にぎにぎ」してみんな納得のいくおにぎりができたようでした。最後には「できた」と見せてくれましたよ。

いるか組  先月のきな粉作りの経験を活かして、今月は煮干しをすり鉢で細かくしました。煮干しを見せると「小さいお魚だ」「触らせて」と興味津々でした。においを嗅いだり、触ったりして、「かちかちだ」「干したの?」と魚を干したものと気がつくことができました。すり鉢を見せると「グルグルするやつだ」ときな粉作りで使ったのを覚えていた為、隣に座っている子ども同士で押さえながら協力してすりつぶしていました。みんなですりつぶした煮干しの粉末はおやつにカルシウムせんべいに入れて食べました。「煮干しと同じにおいがする」とせんべいの香りを嗅ぎながら食べていましたよ。

くじら組 恵方巻きとバター作りをしました。恵方巻きは海苔を10㎝程に切った小さいのり巻きだ

ったので、みんな上手に巻くことができました。最後の巻く所が難しいかなと思っていましたが、海苔にごはんをのばす所の方が「これであってる?」「手伝って」と難しいようでした。

バター作りでは、蓋つきのケースに生クリームを入れてみんなでひたすら振りました。振り始めは「パチャパチャ」と音がしていましたが、徐々に「音がしなくなった」と気が付きました。みんなで中を見てみると「生クリームだ」「固まってる」と液状だったものがホイップ状になっていました。そこからもっと振り続けると、「また音がする」「ポチャポチャいっている」と言っていました。今まで変化なく振っていて、疲れが見えていた子ども達でしたが、再び音がしてくるとやる気スイッチが再びオンになったのかみんな勢いよく振っていました。音が段々大きくなってきて中を確認すると、「水が出てる」とバターと液体に分離していてバターが完成していました。みんなで作ったバターはじゃがバターにして食べました。

☆チーム5リクエストメニュー☆ 卒園するチーム5に好きな給食とおやつを聞くとカレーうどんじゃがいもドーナツでした。3月の献立に入れてありますので楽しみにしていて下さい。