園だより 平成29年12月

日が暮れるのが一段と早くなり、朝晩の冷え込みが冬の訪れを感じさせてくれます。きれいに色づいていた園庭の木々も毎日少しずつ葉を落とし、残り少なくなってきました。子ども達は落ちている葉っぱを手に取ったり、落ち葉の吹きだまりを靴で踏んで、サクサクという音を楽しんだりしています。冬ならではの発見もたくさんありますね。これからますます寒くなりますが、元気いっぱい外遊びを楽しんでいきたいと思います。