ほけんだより 平成29年10月

涼しい日が増え過ごしやすくなってきました。反面、寒暖差で体調を崩しやすくなってきます。風邪をひかない様にしっかりと栄養と休息をとりましょう。

10月10日は目の愛護デーです

生まれたばかりの赤ちゃんは、明りがぼんやりわかる程度の視力しかありません。その後、周囲を見ることにより徐々に視力が発達し8歳くらいで大人と同じくらい見えるようになります。(特に5歳くらいまでが最も重要な時期です。)視線が合わなかったり、顔を傾けてみる、片目を隠すととても嫌がる、テレビや絵本をかなり近づけてみる、目を細めてみる、空を飛んでいる鳥や飛行機がみえないなど気になる症状がある場合は早めに眼科を受診することをおすすめします。スマホやテレビを毎日、長時間お子さんにみせていませんか?今回はお子さんの目を大切にするポイントを紹介します。

  1. 時間を決めてパソコンやテレビを見ましょう…テレビなどモニターを見ているときは瞬きの回数が減り目に負担がかかります。時間を決めて見るようにしましょう。
  2. 絵本を見る時は明るいところで読みましょう…光が少ないところでは焦点が合わせづらく、眼精疲労原因になるため、明るいところで見るようにしましょう。

 

かかりやすい目の疾患               

結膜炎…アレルギー性、細菌性、ウイルス性があります。いずれも症状は充血、目やに、かゆみ、涙目などです。ウイルス性の場合、症状がひどく発熱を伴ったり、感染力も強く家族や兄弟にうつることもあります。いずれの結膜炎も目薬や眼軟膏で治療をします。症状がでてきたら早めに受診をおねがいします。

衣服の調節について 寒暖差がでてきました。朝は寒くても日中は汗ばむ陽気になる日もあるため、ロッカーの中には長袖と半袖の両方を用意していただけるようにお願いします。

薬を家で内服している場合のお願い  内服中のお子さんの体調把握のために内服している薬の薬品名を職員に登園時お伝え下さい。

爪のチェックのお願い 特に、足の爪が伸びてひっかかり出血したり、割れている子どもがみられます。こまめに爪をチエックして、長ければ切るようにお願いします。     

感染症情報 先月、手足口病、発熱、咳、鼻水、肺炎、中耳炎でお休みしたお子さんが数名いました。