給食だより 平成28年10月

食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、実りの秋…楽しみの多い季節がやってきました。日中が過ごしやすくなり子ども達も、毎日よく食べ、よく動き、運動会に向けてはりきっている様子が見られます。

昼夜の気温差があり体調を崩しやすい季節でもあるので、生活リズムを整え元気よく過ごしていきたいですね。

正しい食生活でお腹の空くリズムを作りましょう。

健康には、食欲や生活リズムが大きく関わっています。空腹感や食欲を感じ、それを適切に満たす心地よさを経験すること、習慣となることが大切です。起床・就寝・食事の時間を毎日同じにすることで、生活リズムが整いお腹の空くリズムも出来ます。

起床 ⇒   朝食  ⇒       活動 ⇒  給食  ⇒      おやつ  ⇒   夕食     ⇒      就寝

 

くまのみ組: まいたけ、しめじに触れました。まいたけは独特の香りと見た目でイヤイヤしたり、泣きそうになる姿が見られました。しかし、しばらく目の前に置いておくと指でツンツン触る姿が見られ、興味は持っていることを感じました。しめじは、まいたけよりもみんな手をのばす姿が見られ、小さくちぎったり、「ないない」とボウルに入れてくれました。

ぺんぎん組: さつまいもに触れました。さつまいもを持ってクラスに入ると「さつまいもだ。」とすぐに反応してくれました。「おもいね。」「紫だね。」「大きい。」「おひげ出ているね。」と様々な感想を言い合いながら触れました。半分に切って見せると、「中は黄色。」「白い(所が)ある。」「プツプツしてる」と色々な発見ができました。

いるか組: 里芋に触れました。初めは見慣れない里芋に警戒している様子も見られましたが、「毛が出てる。」「変なの。」と興味を持っていました。その日の給食では、「里芋あったよ」と教えてくれたり、里芋が入っていることを教えると、「白いんだね」と他の野菜との違いを見つける事ができました。

くじら組: シチューの下準備をしました。チーム3はかぼちゃの種取りとしめじ割きを行いました。かぼちゃは種とわたの部分をきれいに取り除いていて、去年よりも力が強くなったなと感じました。しめじは割きながら「小さくしたら見つけられなくなっちゃうよ」など言い合いながら行っていました。次回はピーラーを使って野菜の皮むきなども経験させたいと思います。チーム4はさつまいもと人参の皮むきを行いました。さつまいもは皮をむくと中の色が違うので、丁寧にきれいに皮むきができました。人参は皮をむいても色が同じなので、見極めるのに苦戦している様子でした。次は包丁を使って野菜を切ったりすることにも挑戦してみようと思います。チーム5はさつまいもと人参を包丁を使って切りました。お泊り保育の時にも包丁を使って人参とじゃがいもを切っているので、今回は包丁の持ち方と手の添え方だけではなく、力を加える方向を伝え、力任せに切るのではなくスムーズに切れるように練習しました。「さっきより切りやすい」と子ども達も切れ味の違いに気がついていましたよ。次は子ども達に包丁を任せてみようかと思います。