えんだより 平成30年5月

ドキドキの4月が過ぎて、ようやく不安が少し和らいだ新入園児さんたちと、

興奮気味だけど落ち着きも取り戻しつつある進級児さんたち・・・

ひと月経つと驚くほど個々の表情にその成長が見られ、

泣き声にもたくましさが加わり、環境に慣れていく過程もまた、

子どもたちにとっての学びなのだと実感します。

さて慣らし保育はひと段落を迎え、

これからは保育園生活のリズムを整えていけるように意識しながら過ごしていきます。

特に0歳児は幼児との合同保育が始まっていますので、

この異年齢交流を喜べるようになると嬉しいですね。

めろん、ぶどう、ばなな組のお兄さんお姉さんたちは、

かわいいこうめ組さんたちと触れ合いたくてウズウズしています。

今はまだ少し早いですが、互いに異年齢間の関わりを楽しめるように、

ゆっくりと援助していきたいと思います。