給食だより H28年8月

~便秘について~

【食事にて体質改善を!!】

★水分補給★

一般的に体内の水分が不足している場合が多いのですが、近年水分の摂り過ぎにより、満腹になり必要な栄養が食べ物から摂れずにおこる場合も増えています。

★なんといっても食物繊維★

不溶性食物繊維・・野菜に多く含まれ、体内で水分を含んで膨張し便量のアップ
水溶性食物繊維・・海草やネバネバ食品に多く含まれ、腸に到達すると善玉菌のエサとなり、腸内環境の改善。

★オリーブオイル★

オレイン酸(不飽和脂肪酸の一種)を多く含む。一時的比較的に多めに摂った場合に小腸を刺激。・・イタリアの子どもは毎朝スプーン1杯のオリーブ油を食べているとのコマーシャルも出ていますよね。

★オリゴ糖★

体内で分解されることなく大腸まで届き善玉菌であるビフィズス菌のエサとなる。

 

【以上のものを多く含んだ食材】

・玄米・そば・海草・なめこ(きのこ類)・枝豆・小豆・寒天・南瓜・さつま芋・里芋・オクラ・ごぼう・モロヘイヤ・こんにゃく・にんじん・切り干し大根・バナナ・プルーン・りんご・キウイ・ナッツ  など

※とはいえ過剰摂取は他の栄養素であるビタミン、ミネラルなどの吸収率を下げてしまいます。

【あまりよくない食材】

・市販のプリンやゼリー・ケーキ、アイス・甘いヨーグルト・野菜ジュース・ポテトチップス・刺激物 (・肉・牛乳)
※()は摂りすぎはよくないということです。

【よい便を作るためには】

バランスのよい食事、また、食生活だけではなく、運動も十分にし、腸を刺激しましょう。