プランター栽培

プランター栽培

トマト1うっとうしい梅雨の時期も残りわずかとなり時折夏らしい空も見られるようになりましたね。

暑い夏ももう目の前です。

梅雨の時期になる前の5月上旬、今年も夏野菜を栽培しようとゆらりん荻窪保育園のテラスにプランターを設置しました。

今年はトマト、キュウリ、ナス、ピーマンそして虫除けにバジルを植えました。

初めは、「これなんだろう?」「なにがなるの?」と頭の中で“?マーク”になっていた子どもたち...

しかし日に日に大きくなっていく野菜たちを見て目を輝かせている子どもたちの姿がとても印象的でした。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

野菜たちが見たことのある形になってくると「あ~このおやさいしってる~」「〇〇ピーマンすきだよ~」とわくわくした気持ちを各々の表現で伝えてくれていました。

ぶどうぐみ・めろんぐみの子どもたちには“なぜお水をあげるのか”“なぜ肥料をあげるのか”など野菜を育てる上での必要なことをお話しすると、真剣なまなざしで聞き、子ども同士で「おやさいのごはんなんだね」「おなかがへるんだねぇ~」などと会話を弾ませていました。

お話しを聞いてからの子どもたちの水遣りの雰囲気が変わったように感じます。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

子どもたちがまだかまだかと待ち望んでいた収穫をこの時期になってやっとできるようになりました。

ばななぐみ・ぶどうぐみ・めろんぐみの子どもたちでキュウリ、ナス、ピーマンを収穫しました。

嬉しそうに「とれたよぉ~」「こっちのほうがおおきいね」「おやさいのにおいがする~」と笑顔でいろいろな先生に伝えていました。

その中で「とまとはまだとれないね~」とトマトの収穫を待ち遠しくしている子もいます。

トマトも色づき始めたのでもう少しで収穫ができると思います。

みんなもう少しだけまっててね。

収穫した野菜たちは調理室の先生に調理をしてもらい給食の時にみんなでいただいています。

日々の小さい体験を大切にした保育の積み重ねをしていきたいと思っています。

これからどんどん暑くなってきます。早寝・早起き・食事に配慮し健康で楽しい夏を送りましょう。

元気がなによりです。