給食だより H28年5月

春の日差しが温かくなり、とても過ごしやすい季節になりました。
子ども達は少しずつ園生活に慣れ、入園当初に比べて給食を食べる量も増えてきたように思います。どうしても初めて見る料理には警戒心が働き、なかなか食べてくれない子も多いです。しかし、保育園では”サイクルメニュー”で月に2回(または3回)同じメニューを出していますので、前回苦手そうに食べていても、二度目には「おいしい!」と言って食べている子も多くみられます。このように保育園でさまざまな経験を通じて、食べられるものが増えてくれると良いですね。
 また、保育園の入口には当日の給食を展示してあります。野菜のサイズや量も参考になるかと思いますのでぜひご覧下さい。

<端午の節句に縁起の良いもの>

 5月5日は端午の節句として男の子の健康や健やかな成長を祝い、縁起がよいものを食べる習慣があります。
 成長にしたがって名前が変わる出世魚である鰤(ぶり)には、子どもの出世を願う意味があります。同じ魚のカツオ(勝つ男)には勝てるようにという意味が、山の幸であるたけのこにはまっすぐ伸びるようにという意味が込められているようです。
 保育園では5月2日(月)に“子どもの日特別メニュー”を予定しています♪メニューは献立表をご確認下さい。