7月保健便り

暑い日が続くようになり、熱中症が心配な時期となりました。体が暑さに慣れていない梅雨明けや急激に気温が上がった日は特に注意が必要です。普段からの外遊びで体を鍛え、喉が渇いていなくても水分をこまめに摂取するようにしましょう。外出する際は、登園前を含め、直前に水分補給する事をおすすめします。また、体温調節しやすい衣服(通気性のよいもの)を選んだり・水分をこまめにとったり、熱中症対策をしっかり行っていきたいですね。水遊びも始まります。子ども達はとっても大好きなので、楽しく遊べるようにしっかり睡眠をとりしっかり朝食を食べてきましょう。

 

☆子どもたちの大好きな水あそびが始まります!!

水遊びは、暑い中(不快)水で遊べる気持ち良さ(快)を感じるだけでなく、直接外の空気や日光に触れながら、皮膚や自立神経を鍛えていく効果があります。※0歳児の水遊びは、ぬるま湯を使用します。

①毎日お風呂に入り、洗髪しましょう。

②手足の爪は、短く切っておきましょう。

③耳掃除をしておきましょう。

(耳あかがたまったまま水が入ったりすると、外耳炎や中耳炎を起こすことがあります。)

④朝ごはんをしっかり食べてきましょう。

⑤夜は、しっかり睡眠をとりましょう。

☆夏になりやすい病気

・手足口病:のどの痛みや発熱・咳などかぜの症状ではじまります。手のひら・足の裏・口の粘膜に発疹(水泡性)や口内炎ができます。痛み、痒みはほとんどありませんが、口内炎ができると水泡が破れて2日くらい痛み食事が取れにくくなります。38度くらいの熱がでることもあります。1週間ほどで治ります。(要 登園届)

・ヘルパンギーナ:口やのどにプクッと膨らんだ赤っぽい水泡ができ、40度近い高熱がでるのが特徴です。水泡がつぶれて痛みで食事が困難なことがあります。熱は、2~3日で下がり、びらんも1週間ほどで治ります。(要 登園届)

・咽頭結膜炎:別名プール熱とも言います。

熱やのどの痛み・腫れ、目の腫れ・充血、かゆみ・咳や下痢が特徴です。まず片目の充血から始まり、やがて反対側にも見られます。熱は、3~5日続きます。(要 登園許可意見書:医師から発行していただく必要があります。)

・流行性角結膜炎:目が急に赤くなり、まぶたが腫れ・普段より多く目ヤニや涙がでます。周りへの感染源となるので、タオルは共有しないようにしましょう。

(要 登園許可意見書:医師から発行していただく必要があります。)

※症状が出た場合は、必ず受診してお子様の状態に合ったアドバイスを受けましょう。治って登園する場合は、登園の許可をいただいてから登園するようお願いします。