6月保健便り

あじさいがきれいに咲く季節となりました。この時期は、急に暑くなる日があったり、肌寒い日があったり、と体調を崩しがちです。気温差も大きく衣類の調節も難しく感じた方もいらっしゃったのではないでしょうか。0・1・2歳の肌は、大人よりも体温が高めのため、汗をかくのも多くなります。大人が暑いと感じたら、子どもはもっと暑いと感じています。通気性の良い服やこまめな水分補給をしていきましょう。また、「蚊にさされました」と耳にするようになりました。必要な方は、登園前に虫よけの対応をお願いします。また、長袖・長ズボンの着用をご希望の方は、担任にお伝えください。(その場合は、薄手のものをご用意ください。)出来る限り対応させていただきます。

気温に応じてですが、沐浴・シャワー・水遊びが始まる時期となります。皮膚症状が気になる方は、早めに受診することをおすすめします。

☆6月4日は、虫歯予防デー☆

虫歯を予防するためには、やはり歯磨きが一番大切です。お子さまが歯磨きをした後は仕上げみがきを行い、虫歯を予防しましょう。また、ご飯を食べる時はしっかりとかんで食べる習慣を付けましょう。肥満予防となるだけでなく、唾液がたくさん出ることで口の中を洗い流し、虫歯を防いでくれる役割があります。