4月給食便り

ご入園・ご進級おめでとうございます 

春を感じるうららかな陽気が続き、中杉通りのケヤキも芽ぶき始め、薄緑色に染まっています。今年も11名の新しいお友だちを迎え、ワクワク・ドキドキ、新年度のスタートです。調理室では子ども達にとって食事が‘楽しくほっとする時間’になることを願いつつ、子ども達の様子を見ながら安全な給食の提供に努めたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

 

☆朝ごはんを食べましょう!

朝食は一日の生活のスタートです。朝起きたときの身体はエネルギー不足で、体温も低い状態です。朝ごはんを食べることで体温が上がり、眠っていた脳や身体にスイッチが入ります。朝ごはんを食べないとぼーっとしてケガにつながったり、イライラしたり、元気に遊ぶことができません。また、一回の量があまり多く食べられない子どもにとって、朝食は大切な栄養源。お友だちとたくさん活動できるように朝ごはんをしっかりと食べて登園しましょう。

朝食と生活リズムの関係

 朝食をしっかり食べることで、胃腸が刺激され排便の習慣も身につくようになります。朝ごはんを食べるためには、朝ギリギリまで寝ていると食欲が出ないため、早寝・早起きが大切です。毎日決まった時間に食事をとることで規則正しい生活習慣が身につき、子どもの健やかな成長と生活リズムが確立します。また、家族もいっしょに規則正しい生活を送ると、子どもたちにも自然に生活リズムが身につきます。

☆食育のすすめ

食事を通して情操面や知能面を育てる‘食育(食教育)’。特に乳幼児期は、食習慣を身につける大切な時期ですから、園とご家庭の連携で、子どもへの食育をすすめていきましょう。

☆調理室より 

・幼児食の展示を毎日しておりますのでご覧下さい。

・食事に関してのご質問等ありましたら、お気軽に声をお掛けください。