11月保健便り

11月になり、葉っぱの色が赤や黄色へと美しく色付き始めました。落ち葉やどんぐりを拾う子どもたちも秋から冬への移り変わりを感じているようです。10月に手洗い指導を行い、つきぐみさん・おひさまぐみさんは歌を歌いながらはりきって手洗い・うがいをしています。ご家庭でもお子さんと一緒に風邪予防に努めていきたいですね。

●インフルエンザについて!!

<原因>

インフルエンザは、鼻腔・咽頭・気道粘膜の分泌からの飛沫感染・ウイルスで汚染されている手指からの接触感染です。普通の風邪より感染力が強く、症状が重いのが特徴です。

<潜伏期間の目安>  1日~3日

<出席停止の期間>

発症し5日を経過し、かつ解熱後3日を経過するまで。診断された日は、0日目。熱が下がった日は、0日目となります。 ※インフルエンザ専用の「登園届」があります。登園時は、登園届の記入をお願いします。

<症状>

突然の高熱・強い頭痛・全身および倦怠感・筋肉や関節の痛み・食欲不振・咽頭痛・咳・くしゃみ・鼻水・嘔吐・下痢・腹痛などがあります。2~3日で熱は下がっても、全身状態は1週間くらい続き、元に戻るのに10日~2週間かかります。重い合併症(肺炎・中耳炎・心筋炎・脳炎など)もあるので注意が必要です。

 

●爪について

爪が伸びていると、自分や友達をひっかいてしまったり、折れたりなどと、けがの原因となります。また爪は、汚れが溜まり不潔になりやすいところでもあります。週に一度は指先のチェックを行うようにしましょう。

●爪ケアのポイント

爪の手入れの目安は一週間に一回程度です。お風呂上りの爪がやわらかい時が切りやすいのですが、切り過ぎるとばい菌が入ることもあるので深爪にならないよう、十分に気をつけましょう。