10月保健便り

夏の暑さもおさまり、秋らしくなってきました。さわやかに吹く風が秋の深まりを知らせてくれます。季節の変わり目で体調を崩しやすい時期でもあるので、手洗い・うがいや衣服の調整などをして、かぜを予防しましょう。

これからは涼しくなり、外遊びがメインになります。蚊がまだ発生していますので、園でも出来る限りの予防に努めていますが、気になるご家庭は登園前に虫よけスプレーをしてきても良いかもしれませんね。また、これからの季節は、インフルエンザやRSウイルス・ウイルス性胃腸炎など、流行しやすい時期になります。1・2歳児クラスは、今月手洗い指導を行います。ご家庭でも手洗い・うがいをお子さんと一緒にしていきましょう。

<2017~2018年度インフルエンザワクチンについて>

今年も、インフルエンザを心配する季節がきましたね。10月1日から予防接種をしてくれる病院が多いみたいですが、予防接種をされる方は、医療機関に電話で確認してから行かれることをおすすめします。また、ニュースでも報道がありますが、すでに都内でもインフルエンザによる学級閉鎖がでています。予防接種に限らず、手洗い・うがいなどで予防していきたいですね。

今年のワクチン:A型2種・B型2種

接種回数:6か月~13歳未満は、2回

13歳以上1回

ワクチンの効果については、6歳未満の子どもに対して20~30%と言われています。(厚生労働省調査による)

※予防接種を受けた方は、担任または看護師にお知らせ下さい。

※卵アレルギーをお持ちの方は、ワクチンに成分が含まれるため医師にご相談ください。