8月保健便り

7月に入り猛暑の日も増えましたね。MOMOのこども達は、前半は元気いっぱい外気温に触れ、シャワー・沐浴でさっぱり汗を流し楽しんでいました。中盤からは大好きな水遊びが始まりましたね。おもいっきり楽しめるようにたくさん寝て、しっかり食べて登園しましょう。7月中盤からは、高熱や咳・鼻水の症状のおこさまが多くみられました。また、手足口病・ヘルパンギーナと診断されたお子さまもいます。ニュースでは、手足口病の流行も聞かれるようになりました。夏本番になり、夏風邪の流行も心配になります。症状が見られましたら早めに受診しましょう。

8月に入ると阿佐ヶ谷の七夕まつりや盆踊りなど楽しい夏のイベントが盛りだくさんですね。夏休みをとられて、お出かけされる方もいらっしゃるとおもいます。今年の夏は、猛暑と言われています。熱中症に気をつけ楽しい夏を過ごしていきましょうね。

 

クーラーを上手に使って快適な夏を!!

暑さが厳しくなり、ご家庭から「夜が寝苦しく何度も起きました。」「クーラーをどのように使ったらいいか難しい。」などの声が聞かれるようになりました。クーラーの使い方はとても難しいですよね。園医の中村先生にもアドバイスをしていただきました。

・高めの温度設定でつけっぱなしで寝る。

・布団をはいで寝てしまって心配な場合は、長袖を着せて寝せる。

まだ、暑さに慣れない子ども達。体調を崩さず乗り切りたいですね。

他にも

・外気と室内の温度差は5℃までに

・クーラーの風に直接当たらないように

・サーキュレーターや扇風機を使ったり、換気を時々行ない循環させる。

・寝る時は、タイマーを使って寝入りばな(30分~2時間ぐらい)だけ涼しく。

などあります。

気温の大きな変化は、体温調節が難しくなったり体の疲れにもつながります。まだまだ、暑さも続きそうですね。少しでもご家庭にあった方法がみつかりますように。