4月給食便り

ご入園・ご進級おめでとうございます 

桜の花も満開の見頃を迎え、春を感じる季節となりました。今年も14名の新しいお友だちを迎え、ワクワク・ドキドキ、新年度のスタートです。調理室では子ども達にとって食事が‘楽しくほっとする時間’になることを願いつつ、子ども達の様子を見ながら安全な給食の提供に努めたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

朝ごはんを食べましょう!

朝ごはんは一日の始まりに欠かすことのできない大切なエネルギー源です。休息状態にあった脳や体を目覚めさせる役割や、身体のリズムを整える働きがあります。逆に朝ごはんを抜くと、たとえ目が覚めていても体は鈍く、脳はぼんやりした状態が続き、イライラしたり、集中力もなくなってしまいます。お子さんが園で元気に過ごせるように、朝ごはんをしっかり食べて、登園しましょう。

生活のリズムを整えましょう

早寝・早起きの習慣をつけ、朝きちんと起き、朝食を食べられる時間を作りましょう。夜更かしや、不規則な生活が、子どもの成長における問題点となっています。十分に睡眠をとること、そして朝の光を浴びることで体内時計は正しく整えられます。朝、昼、夜の規則正しい食事の繰り返しが食生活リズムを助け、子ども達の活動にメリハリを与えてくれるのです。ごはんにみそ汁、海苔に卵・納豆など「日本旅館で出るような定番朝食」が理想です。パン・牛乳だけでは栄養不足ですので、卵料理や具だくさんスープを加えるなどの工夫をしましょう。

食育のすすめ

食事を通して情操面や知能面を育てる‘食育(食教育)’。特に乳幼児期は、食習慣を身につける大切な時期ですから、園とご家庭の連携で、子どもへの食育をすすめていきましょう。