3月園便り

春一番と共に晴れた日は暖かくなり、柔らかな風にのせてさまざまな花の香りを運んでくれます。一方でまだ寒い日もあり気温差がありますね。巷ではインフルエンザが猛威を奮いましたがMOMOでは流行することなく、真冬の間も元気に散歩に出かけました。暖かい日は「寒太郎いなかったの」と寂し気な表情をみせ、寒い日には「寒太郎いたよ!!」と満面の笑みで報告をしてくれます。子どもは風の子ですね。

いよいよ今年度最後の月を迎え、改めて子どもの成長を感じる時となりました。子ども達は様々な経験と共に強く逞しくなり、お友だちと過ごす時間を楽しめるようになりました。なによりもMOMOでの時間の多くを笑顔で過ごせるようになりましたね。入園当初に泣いたり戸惑いをみせていた姿が懐かしく感じます。MOMOの家で過ごした時間が、得たことが、いつしか大きな樹となり、豊かな実を実らせ、大輪の華を咲かせますように。4月にそれぞれの場所で進級を迎える全てのお子さまをこれからも応援し続けたいと思います。保護者の皆様におかれましては多大なご理解とご協力を賜りましたことを、職員一同改めてお礼申し上げます。 園長 浅野麻美