ほけんだより H28年7月

6月は、熱・咳・鼻水の症状で体調を崩したお子さまが多くいらっしゃいました。また、「溶連菌」「ウイルス性胃腸炎」と診断されたお子さまもいらっしゃいました。お迎え・お休み・受診のご協力をありがとうございました。

6月に入り一段と暑い日が増えましたね。これから、外気温はますます上がります。子ども達は、体が小さいため熱中症になりやすいと言われています。外出する際は、登園前を含め、直前に水分補給する事をおすすめします。また、体温調節しやすい衣服(通気性のよいもの)を選んだり・水分をこまめにとったり、熱中症対策をしっかり行っていきたいですね。

水遊びも始まります。子ども達は、とっても大好きなので、楽しく遊べるようにしっかり睡眠をとりしっかり朝食を食べてきましょう。

<こんなときは、シャワー・水遊びを行なえません>
・37.5℃以上の熱がある。
・薬を使用している(内服・点眼・軟膏など)
・ホクナリンを貼っている。
・絆創膏を貼っている(傷がある。原因が不明など)
・目ヤニ・充血・腫れがある。
・発疹がある。
・軟便・下痢がある。(普段と違う)
※他にも鼻水など風邪症状や顔色など心配な場合は、こちらの判断で控えることがあります。
※水いぼ・とびひ・あせもなどのジクジクなど皮膚症状がある場合は、早めに受診することをおすすめします。
※沐浴・シャワーをした日もご家庭で毎日入浴をしましょう。

<子どもたちの大好きな水あそびが始まります!!>

水遊びは、暑い中(不快)水で遊べる気持ち良さ(快)を感じるだけでなく、直接外の空気や日光に触れながら、皮膚や自立神経を鍛えていく効果があります。

※0歳児のプールは、ぬるま湯を使用します。

【楽しく水遊びをするために!!】
①毎日お風呂に入り、洗髪しましょう。
②手足の爪は、短く切っておきましょう。
③耳掃除をしておきましょう。
(耳あかがたまったまま水が入ったりすると、外耳炎や中耳炎を起こすことがあります。)
④朝ごはんをしっかり食べてきましょう。
⑤夜は、しっかり睡眠をとりましょう。