ほけんだより H30年7月

暑い日が続くようになりました。梅雨明け後は、まだ体が暑さに慣れていないので熱中症への注意が特に必要です。喉が渇いていなくても水分をこまめに摂取するようにしましょう。また、プールが始まる前に爪が伸びていないかなどの確認を宜しくお願いします。

夏に多い感染症

ウイルス感染によって起こる病気です。他人への感染力も強いので、必ず受診をして医師の診断を受けましょう。

●ヘルパンギーナ

突然の高熱と喉の痛み、口の中の水ほう、口内炎が特徴です。症状が軽ければ1~4日くらいで解熱します。

●プール熱

プールで感染することもあり、高熱が3~5日くらい続き、喉の痛み、目の充血やかゆみなど結膜炎のような症状も出ます。食事は消化のよい物を食べましょう。

●手足口病

手の平、足の裏、口の中に水ほうができ、発熱することもあります。食事は喉越しのよい物を食べましょう。

●流行性角結膜炎

目が腫れ、充血し、普段より多く目やにや涙が出ます。周りの人への感染源となるので、タオルは共有しないようにしましょう。

●水いぼ

ウイルスの感染によってできる「いぼ」の一種で、ぷつっとした水ほうが体全体に散っていることもあれば、部分的に固まって発症することもあります。乾燥肌やアトピー性皮膚炎の人が、かかりやすい傾向にあるようです。自然治癒には時間がかかるので、感染が広がる前に受診していぼを取ることをお勧めしています。爪を短く切って清潔にしておき、患部をかいていぼをつぶしたりしないようにしましょう。