給食だより H30年9月

暑い日が続いていますが、朝晩の風に秋の気配を感じるようになりました。秋は、「食欲の秋」や「実りの秋」と言われ、果物や野菜・新米等、美味しい食材がたくさん出回ります。暑さで体に疲れが残っているこの季節、栄養のあるものをたくさん食べて元気な体作りをしていきましょう。

新米の時期になりました

日本で主食として最も食べられているお米。お米が収穫の時期を迎え、9月頃からスーパーなどでも“新米”を見かけるようになります。お米は私たちの大切なエネルギー源となり、タンパク質・ミネラル・ビタミンも豊富で栄養満点の食材です。旬のお米は、香りも食感も格別なので、是非この美味しい季節に味わってみてください。

☆秋の旬の食材とその効用☆

梨・・・・・90%が水分で、食物繊維が多く体の調子を整える作用があります。

きのこ・・・カルシウムの吸収に必要なビタミンDと脂肪燃焼に必要なビタミンB2を含んでいます。

さつま芋・・ 不溶性食物繊維のセルロースが多く含まれていて、腸を刺激し便通を促進し便秘を解消する効果があると言われています。

お月見

今年の十五夜は9月24日です。お月見は、奈良~平安時代初めに中国から伝わってきたと言われています。「中秋の名月」ともよばれ、旧暦の8月15日にお月見をします。お月見といえば、月見団子・すすきの飾り・芋や米など収穫物の供え物があり、秋の収穫を祝う行事です。また、収穫への感謝と豊作を祈願し、最後にその満月に似せたお団子を”健康と幸せ”を願って皆で食べるそうです。お天気が良ければ、ご家族一緒にお月見団子を食べたり、ゆっくりと月を眺めて十五夜の夜を楽しんでみて下さい。

9月1日は防災の日

9月1日は防災の日です。災害は突然起こります。電気やガスなどライフラインの復旧には最低、約3日位かかると言われています。水・アルファ米・パン缶・スープ類・肉や魚の缶詰めなど、各家庭でいざという時の為に3日分程度の食料を備えておきましょう。乳児期の子がいる家庭は市販のベビーフードや粉ミルクも用意しておきましょう。また、子どもは環境変化により精神的に不安定になる為、食べ慣れない非常食だけでは心身を満たすことが難しいので、食べ慣れたお菓子などがあると良いでしょう。日常的に食べ慣れているお菓子を賞味期限ごとに非常食と入れ替えたりするのもおすすめです。

☆食料のほかに、携帯充電器・懐中ライト・ラップ・プラスチックのスプーン、フォーク・紙皿・乾電池・レジャーシート・粉ミルク・紙おむつ・使い捨て哺乳瓶などあると便利です。