給食だよりH30年度7月

梅雨も終わりに近づき、いよいよ夏がやってきます。間もなく水遊びも始まり、子ども達にとって楽しい季節になります。日差しが強く夏バテなどで体調を崩しやすい時期なので、たくさん食べて暑さに負けず元気過ごしましょう。

夏野菜の効能

夏野菜としてよくあげられるのがトマト・きゅうり・なすです。夏野菜には、水分やカリウムが豊富に含くまれているものが多く、体にこもった熱を逃がす働きがあります。生で食べられるものが多く、夏に不足しがちな栄養素を簡単に補給することができます。古いことわざに「トマトが実れば医者が青くなる」と言うものがありますが、トマトは健康に良い栄養素をバランスよく含んだ夏野菜という事から言われたそうです。

夏野菜をたくさん食べて暑い夏を元気にましょう!

 

夏バテ予防の食事

暑い日が続くと、体調を崩して夏バテを起こしやすくなります。食事を通じて夏バテ予防を行いましょう。

☆夏バテ知らずの丈夫な身体を作る栄養素

・たんぱく質(卵・肉・魚・大豆・牛乳)

・ビタミンC(野菜・果物)

・ビタミンB1(豚肉・枝豆・豆腐)

・ミネラル(海藻・乳製品・夏野菜)

★落ちた食欲を取り戻す味つけとして

・カレー粉→さまざまなスパイスで食欲増進

・ショウガ→少し加えるだけで独特の風味になります。

・酢やレモンなど→クエン酸で後味がさっぱりして食べやすくなります。

☆おすすめレシピ☆ 

 夏野菜と豚肉のカレー炒め★       大人2人・子ども2

材料

トマト…大2個

玉ねぎ…大1個

ピーマン…2個

なす…2本

豚小間肉…300g

調味料

水…800cc

カレールー…60g

塩…適宜

油…適宜

1.トマトを湯むきして角切りにし、ざるにあけて水気を切る。野菜も角切りにしておく。

2.鍋に油を入れ温まったら豚肉を入れ、火が入ったら玉ねぎ、ピーマン、なすの順に入れ炒める。

3.全体に火が入ったら、水800cc入れて少し煮込み、カレールー60g入れさらに煮込む。

4.煮込み終わったら、火を止めてトマトを入れ出来上がり。