ほけんだより H30年度6月

梅雨の季節がやってきました。この時期は天気や気温が変わりやすく体調を崩しがちです。バランスの良い食事や睡眠をしっかり取り元気に過ごしましょう!また、食中毒の増える時期でもありますので、身の回りや食事前の清潔に一層気を配っていきましょう。

6月4日は虫歯予防デーです!!

虫歯予防には、歯みがきが一番大切です。

☆歯が生え始めたら、ガーゼや歯ブラシで、軽く触れたりして、歯に触れられる事に慣れてから徐々に歯みがきを始めるとよいでしょう。

園では食後に麦茶を飲み、口の中を清潔にしています。

☆また、唾液には口の中を洗い流し、虫歯を防ぐ役割もあるので、よく噛んで食べる習慣をつけましょう。

梅雨の時期の注意点

□食中毒

6月から8月にかけて多く発生します。

調理中はもちろんのこと、食事前の手洗いや食卓の清潔に気を配りましょう。

□事故

雨の日は、傘をさすことで大人も子供も視界が悪くなり、事故の危険が高まります。また転びやすくもなりますので十分注意してください。

□風邪

蒸し暑さから汗をかくことが増えますが、朝夕は気温が下がり、体が冷えて風邪をひきやすくなります。

汗をかいたらすぐ着替え、寒くなったら上着などで体温調節を行うようにしましょう。

☆虫刺され対策☆

気温があがってくると、虫刺されが心配になってきます。植物でかぶれることもありますが、いずれも絶対にかかないことが大切です。かいてしまうと傷から菌が入り、膿痂疹(とびひ)になることもあります。かき続けることで治りも悪くなってしまうので、十分に気を付けましょう。

虫よけを使ったり、薄手の丈の長いズボンを着るなどで予防するのも一つの方法です。

蚊などに刺されたらすぐ流水で洗い流します。かゆみが強い時は冷やしたり、かゆみ止めを塗ると症状を軽くおさえることができます。

植物の中には、触れると発疹や水ほうを生じるものもあります。

症状が広がらないよう、服を着替えて患部を洗い流し、水ほうは

清潔なガーゼで覆います。症状が強い場合は受診しましょう。

≪特に注意する虫≫

毛虫やドクガに刺されたら、擦らずにテープなどで毛を取り除

きます。衣服にも付いている場合がある為、着替えましょう。

痛みなどの症状が強い場合は受診しましょう。

ムカデ・ハチに刺されると強い痛みが生じます。腫れや痛みが

強い場合は早めに受診しましょう。