給食だよりH30年2月

暦の上では立春ですが、まだまだ寒い日が続いています。子どもたちは寒さに負けず、毎日元気にお散歩に出かけ、沢山遊んでお腹を空かせて帰ってきます。寒さや空気の乾燥で風邪もひきやすい時期なので、抵抗力を強くするためにも栄養のバランスのとれた食事を取りましょう!

節分について

立春とは春を分ける節目の日。春が始まる日の前日、その節分けをする為の日が節分とも言われています。新しい年の始まりに向けて、厄払いをしたいという思いから節分に豆まきが行われています。昔から米や豆には邪気を払う力があると言われていて、豆の持つ邪気払いの力で鬼を追い払うために豆をまくようになったそうです。豆を年齢の数だけ食べるのは、健康に過ごせますようにという意味が込められています。

大豆の栄養

畑の肉と呼ばれている大豆は、たんぱく質を多く含む点が他の豆と違い、植物性たんぱく質がたっぷりと摂れる食品です。
たんぱく質は筋肉や皮膚、血液、内臓などを作る主成分となっています。その他にも大豆には、食物繊維や鉄、ビタミンB群、リノール酸、レシチンなど、健康づくりに大切な要素を含んでいます。
大豆を加工した食品にも同じような栄養が含まれています。みそやしょうゆといった調味料や豆腐、納豆など沢山の加工食品があります。
園では、豆腐ハンバーグやポークビーンズなどが人気です。また、きな粉として牛乳やヨーグルトに混ぜてみたり、きな粉トーストもおすすめです!

☆食育の様子☆

こうめぐみ

白菜ちぎりをしました。みんなの顔よりも大きな葉っぱをじーっと観察。その後、指先を一生懸命使い、みんな集中して行っていました。硬い芯の部分も上手にポキッとちぎったり、葉っぱの部分をお友達に手渡したりと楽しみました。

ももぐみ

サンドイッチを作りました。保育者に作り方の説明を聞いてから始め、「パンにハムとチーズを入れてパタンするんだよね?」と確認しながらワクワクした表情を見せて作っていました。初めてのサンドイッチ作りでしたが、みんな上手にはさむ事が出来ました!「上手に出来たから、お家でも作ってあげられるね!」と話すと「ママにつくる~」と話してくれました。
お休みの日に家族で一緒にサンドイッチ作りもいいですね!

さくらぐみ

蒸し野菜の盛り付けをしました。大根と人参とブロッコリーを自分のお皿にスプーンでよそいます。隣のお友達がよそっているの見て早く自分の順番にならないかなと待ち遠しい様子。野菜を落とさないように注意しながら、色の順番も考えて盛り付けていました。仕上げはマヨドレをかけて完成です! この日はお野菜がちょっと苦手な子も1番最初に野菜から食べ、「野菜が甘かった!」や「おいしかった!」と感想を話してくれました。是非、お家でも一緒に盛り付けをしてみて下さい。