食育 H29 5月

木々の葉もさわやかな緑となり、初夏の陽気が感じられる季節になりました。入園、進級から1カ月がたち、子ども達も新しい生活にだいぶ慣れてきたように感じます。5月は連休もあり、気付かないうちに疲れがたまって体調を崩してしまうことがあります。しっかりと食事と休息をとり入れ元気に過ごしましょう!

☆端午の節句☆

端午の節句では、柏餅やちまきを食べることが定着していますが、これは柏餅に使われている柏の葉に意味があるようです。

柏 餅・・・柏は古くから神が宿る木とされていて、神社や神棚で神に拝する際にパンパンと音が鳴るように手の平を合わせる行為を柏手(かしわて)と呼ぶのもここから来ています。柏の葉は新芽が出てこない限り古い葉が落ちないため、子孫繁栄を象徴するものとして縁起が良いとされています。これらの理由から端午の節句には柏餅が食べられるようになったそうです。

☆食育の様子☆

さくらぐみがプランターにトマト・おくら・ピーマンを植えました。おくらを植えた時に「あっ、納豆に入ってるのだ~!!」とお話ししてくれたお友達もいました。交代で水やりも行う予定です。早く大きくなるのをみんなで心待ちにしています。