食育 H29 1月

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

お正月のお休みいかがお過ごしでしたか?お子様と一緒におせち料理も食べられましたか?

今年も子供達に喜んでいただけるよう、美味しく・安全な給食作りを心懸けていきます。

 

日本の食文化「おせち料理」

年始の初めにお祝いして食べるおせち料理には無病息災・子孫繁栄などの多くの願いが込められています。家族で1年元気に過ごせることを願い神様にお供えする料理です。地方によって入れる食材も違いますが、「祝い肴」「口取り」「焼き物」「酢の物」「「煮物」の五種類に分かれています。おせち料理の種類は20~30種類に及びます。黒豆・数の子・伊達巻・かまぼこ・きんとん・なます・鯛の姿焼・海老・昆布巻き・筑前煮などがあり、子孫繁栄や家内安全・健康の意味が沢山込められています。是非お子さんと一緒に御家族で召し上がってください。

七草粥

せり、なずな、ごぎょう(母子草)、はこべら、ほとけのざ(おおばこ)、すずな(かぶ)、すずしろ(大根)の春の七草。1月7日の朝七草の入ったおかゆを食べると、一年を健康に過ごせると言われています。お正月のごちそうで疲れた胃を休ませる効果もあります。

☆今月の食育の様子☆

こうめぐみ

れんこんを見ました。こうめさんの手に握りやすい小さいれんこんと、大きいれんこん。小さいい方は握ってコンコンと音を出したり、穴に指を入れてみたりしました。大きい方は重かったかな?なでなでして感触を楽しみました。

ももぐみ

鮭わかめおにぎりを握りました。初めてでしたが上手でびっくりしました。手に力を入れて、にぎにぎ。「できたー、完成!」みんな自分が握ったおにぎりを食べ「おいしいね!」と嬉しそうな顔でお話ししてくれました。おかわりもあっという間にお腹に入ってしまいました。

さくらぐみ

鮭わかめおにぎりを握りました。さくらぐみさんは何回か行っていますが、前回よりも力加減が上手になり、形もきれいになってきました。いただきますをしてからみんなに感想をきくと「おいし~、おしょうゆ味だ!」や「鮭、入ってる~!」などたくさんお話してくれました。