給食だより H28年6月

~食中毒予防の三原則~

菌をつけない・菌を増やさない・菌をやっける

1.手洗いをしっかり行いまな板の使い分け、調理後はしっかり洗いましょう。

2.食中毒菌は10℃~40℃の時に急速に増殖します。生ものや冷蔵品を購入したら、帰宅後

すぐにしまいましょう。

3.加熱して調理する食品は、十分加熱(85℃以上・1分以上の加熱)しましょう。まな板・

ふきん・包丁などの調理器具などは漂白剤や熱湯等で定期的に消毒殺菌しましょう。

☆小さい乳幼児期は抵抗力が弱いので特に気をつけましょう!☆