園だより H30年2月

2月は、立春を迎え、暦の上では春になりますが、一日の最低気温が氷点下となる日が続くなど今年は、これからも寒い日が増えそうですね。先日、都心でも大雪が降り、4年ぶりに23センチの積雪が記録されました。ゆらりんの子どもたちにとって、初めて見る真っ白な世界はどのように映ったのでしょうか。保育士がつくった小さな雪だるまを不思議そうにみつめたり、手で触ってその冷たさに思わずびっくりしたり…。冬の自然を感じながら、いろいろな体験ができればいいですね。さて、2月3日は節分。その昔、災害や病気など人間の力ではどうにもならないおそろしい出来事は鬼のしわざで、特に新しい年や季節の変わり目に鬼がやって来やすいと考えられ、節分に豆をまく習慣ができたということです。2月2日に園では落花生を用意して豆まきをします。今年はどんな鬼が登場するのでしょうか。「鬼は外!福は内!」大きな声をだして、みんなガンバレ~!