園だより 2月

まもなく立春を迎え、暦の上では春となるものの、♪春は名のみ~♪と歌にあるようにまだまだ寒い日が続きそうです。けれども冷たい風にも負けず、毎日元気に散歩に出て行く子どもたちは、それぞれのクラスがちょっとずつ距離を延ばして遠くの公園まで行くことができるようになりました。ほっぺを真っ赤にして戻ってくると0歳児も含めて、みんな手を洗って部屋に入っていきます。おかげ様でインフルエンザもいまのところ園での感染はみられません。ご家庭でも習慣にしていただけると良いと思います。いつの間にか靴や靴下、コートを脱いだり、食事をすることも上手になりました。身の回りのことを自ら行うようになり、この一年で心も体もたくましく成長した子どもたち。その姿を歌や遊戯、劇を通して「大きくなったね会」で感じていただきたいと思います。