H30.7月 給食だより

じめじめした梅雨が明けると、いよいよ夏本番です!

7月に入るこの時期は、夏のように暑かったり梅雨らしい日が続いたりと、体調を崩しやすいものです。また、たくさん汗をかいたりする日には、熱中症の注意も必要ですのでこまめに水分補給をしましょう。そして、夏バテしない為にもしっかり食べて元気な身体を作りましょう!

夏バテとは?~予防に効果的なポイント~

夏の暑さが続くと【食欲がない】【疲れやすい】【何もやる気がない】などの症状が見られやすくなります。これが『夏バテ』です。夏バテは、水分の摂りすぎで胃液が薄まり、消化吸収が悪くなって栄養素が不足するためにおこります。日常生活に差し障るような、重大な症状が伴わない事が多いため、涼しくなるのを待ってしまいがちですが、毎日の生活をちょっと工夫するだけで夏バテを防ぐ事ができます!

☆ポイント1~3食はしっかり食べる!~

一日のペースメーカーと呼ばれている朝食は特にしっかり摂りましょう!柑橘類に多く含まれるクエン酸は食欲増進効果があります。朝、食欲のないお子さんは、朝食前に柑橘類やキウイを一口摂らせておくのも効果的です。

ポイント2~水分補給はこまめに!~

小さいお子さんや高齢者の方は特に早めはやめの水分補給が大切です。冷たい水分は避け、温かいお茶がおすすめ。温かいものを嫌がるお子さんの場合は、せめて室温程度に。冷たいものは胃腸の温度を低下させ、消化機能を著しく低下させます。ジュースは血糖の急上昇をきたし、食欲減退を招いてしまうので要注意!

ポイント3~ミネラル・ビタミンの補給!~

汗とともに、塩分をはじめとしたミネラル、ビタミンB,C等のビタミンも失われます。特にビタミンB1は糖質をエネルギーに変えるためにとても重要であり、これがないと身体の中の疲労物質のもとである乳酸が蓄積してしまいます。ビタミンB1の体内での吸収は、にんにく・ネギ・ニラ・玉葱などに含まれるアリシンで促進されます。これらを調理で使うと、より効果的です!

★ビタミンB1を多く含む食品

→豚肉、玄米、大豆、ごま、かつお、ウナギ等

★クエン酸を多く含む食品

→柑橘類、レモン、梅干し、酢