H30.3月 栄養士だより

今年度も残すところあと1ヶ月。改めて子どもたちは一年間で目覚ましく成長して行や調理保育の思い出を胸に、これからの食生活を楽しく健康的に過ごして欲しいと思っています。給食を食べる量が増え、嫌いなものがあっても、残さず食べられるようになりました。日々成長していく子どもたちが食事に興味を持ち、楽しい時間を過ごせるような給食をこれからも提供していきたいと思います。

☆3月3日 ひなまつり☆

ひなまつりは女子のすこやかな成長を祈る節句です。ひな人形は子供に降りかかる厄(よくないこと)を身代わりに受けてくれるとされています。

~ひなまつりに食べるもの~

  • ひなあられ・・ピンク・緑・黄・白の4色で四季を表している。でんぷんが多く「健康に過ごせるように」という願いが込められている。
  • ひしもち・・緑は「健康や長寿」白は「清浄」ピンクは「魔よけ」を意味している。
  • はまぐりのお吸い物・・はまぐりの貝殻は対になっている貝殻でなければぴったりと合いません。このことから、仲     の良い夫婦を表し、一生一人の人と添い遂げるようにという願いが込められている。
  • ちらし寿司・・具には意味があり、えび(長生き)れんこん(見通しがきく)まめ(健康でまめに働ける)などの祝いの席にふさわしい。
  • 白酒・・もともとは桃の花びらを漬けた「桃花酒」というものが飲まれていたと言われている。桃は邪気を払い、気力や体力の充実をもたらすとされている。

☆2月の食育☆

「おにはそと~!ふくは~うち!」小さいお友だちは鬼がくると、泣いてしまいましたが、頑張って豆を投げる姿が可愛かったです。お兄さん、お姉さんは、鬼に立ち向かって力強く投げている姿がとても逞しかったです。