H30.2月 ほけんだより

寒い日が続いていますね。当園でもインフルエンザ等の感染症の流行の兆しがあります。手洗い・うがいや衣服の調整などを心がけて、元気に冬を乗り切りたいですね。

また、気温が下がり空気が乾燥してきたことで、肌が乾燥して痒みが出てきているお子様も増えています。今月は、スキンケアについてご紹介します。

~どうしてスキンケアが必要なのか~

皮膚を清潔な状態に保つことで、皮膚の症状を改善しやすくするためです。皮膚を清潔にしてから保湿剤などを塗ってスキンケアをすることで、汗や汚れなどの刺激を防ぐことができ、肌のターンオーバーを促すことで、きれいな皮膚を維持しやすくなるからです。

~身体を洗う時に気を付けたいところ~

関節の部分は洗い残しが多くなる傾向にあります。立ったまま洗うだけではなく、腰を曲げて前傾姿勢で洗ったり膝や肘を曲げて洗ったりすることが大切になります。

そして、洗う時はもこもこの泡で擦らずに揉むように洗うことで皮膚を傷つけずに汚れを落とすことが出来ます。

耳の後ろの部分は洗い残しが多くなってしまうことによって切れて痛みが生じる場合があります。洗い残しがないように気を付けたいですね。

また、泡を残してしまうことも皮膚トラブルに繋がるのでしっかり流すことが大切です。