H30.2月 栄養士だより

☆節分☆

「季節の節を分ける」という意味の節分。季節の変わり目には病気にかかりやすいので豆まきをして邪気を追い払います。節分には縁起がいい七福神にちなんで7種類の具材が入った巻きずし、恵方巻きを食べます。江戸時代の終わり頃、大阪の商人たちが食べたのが始まりだそうです。福を巻き込んだ太巻きを恵方を向いて食べると商売繁盛や無病息災がもたらされると言われています。2018年の恵方は南南東です。

ぜひご家庭でも召し上がって下さい。

☆食育☆
ひよこ、ことり、りす、うさぎ 全員で、まずは、七草は、どんな草なのかな? と実物を見て、香りを確かめると、「いいかおりー」、「にがそうなにおい!」の声があがりました。
なかには、「これを食べるのかな…?」と目をまるくしてじっと見つめる姿も。さて、いよいよ七草粥をいただくと、「おいしい」の感想とともに、たくさんの笑顔を見られました。