H29.8月 栄養士だより

梅雨明け後からは暑い日が続き、夏本番となってきました。子どもはもともと体温が高い上、地面に近いほど体感温度も高くなり、熱中症や夏バテになってしまう危険があります。上手に水分・塩分補給をして夏を乗り切りましょう。

<こまめな水分と塩分補給をしましょう>

夏場は熱中症を防ぐためにも、水分補給はとても大切です。しかし、のどが渇いたからとはいえ、糖分の多い清涼飲料水は、食欲に影響します。麦茶や水、牛乳など甘くない飲み物が好ましいです。どうしても甘いものが飲みたい時は、コップに取り分けて飲みましょう。また、こどもが「のどが渇いた」という前に少しずつ水分補給をさせるようにしましょう。

<7月食育>

~ことり~

スプーンの練習→紙パックに入った茹でる前のマカロニを、スプーンで隣へ移す練習をしました。

~りす・うさぎ~

とうもろこしの皮むき→おやつに使うとうもろこしの皮むきをしました。触るだけでなく、皮のにおいを嗅ぐなど興味津々な様子でした。夢中になって皮やひげを丁寧に取っていました。

~うさぎ~

カレーパーティー

うさぎの部屋でカレーを作りました。初めて持つ包丁に緊張しながらも約束を守って上手に切っていました。みんなで協力して作ったカレーは格別に美味しかったようです。