H29.7月 栄養士だより

この時期は、夏のように暑かったり、梅雨らしい日が続いたりと体調を崩しやすいです。

子供たちも汗をたくさんかいてお散歩から帰ってきます。熱中症にも注意が必要ですので、こまめに水分補給をして下さい。そして気温の上昇とともに食中毒の発生率もぐんと上がります。園での衛生管理など、より一層気を付けていきたいと思います。

【夏野菜の作用】

きゅうり…余分な熱をとる。(ほてった体を冷やしてくれる)

ピーマン…血をさらさらにする。

トマト…余分な熱をとる。

なす…血のめぐりをよくする。

すいか…体を冷やす、利尿作用。

☆6月食育☆

【ことり】

野菜スタンプ

人参、チンゲンサイ、きゅうり、玉ねぎを使って野菜スタンプをしました。最初は戸惑いながらも、野菜の感触を楽しんでいました。

【りす】

野菜スタンプ

人参、チンゲンサイ、ピーマン、オクラ、玉ねぎ、きゅうりを使って野菜スタンプをしました。

野菜の匂いを嗅いだり、野菜の断面を触ったり、楽しんでいる子がとても多かったです。

【うさぎ】

三色食品群

パネルを使い、三色食品群の話をしました。昨年の食育の話を覚えている子も多く、赤・黄・緑のどの色に分けられるか積極的に答えてくれました。