H29.5月 ほけんだより

新年度が始まり、1ヶ月が経ちました。徐々に新しい環境に慣れてきたでしょうか。疲れが溜まって体調を崩しやすい時期でもありますので、規則ただしい生活を送り、健康を維持できるようにしていきましょう。

今月は身の回りの清潔についてのお話です。その中でも、今回は「つめ」について考えてみましょう。

<こまめに爪をきっていますか?>

自分のてのひらを見てみましょう。そのまま指の先を見た時に爪が少しでも見える人は爪が伸びている状態です。

 爪がのびていると…

☆ケガの原因になります

お友達をひっかいてしまったり、自分を傷つけたりします。爪がおれて、とても痛い思いをすることもあります。

☆汚れがたまります

伸びた爪の中に土や細かい汚れがたまります。手を洗っても、爪の中まではなかなかきれいになりません。

☆爪を噛む癖がつきます

つめを噛まないように注意するより、爪を短く整えておく方がストレスは溜まりません。

☆皮膚トラブルの原因になります

皮膚を掻いた時に傷つけたり、伸びた爪のばいきんが入ったりすることにより、とびひ等皮膚のトラブルの原因になることがあります。

子どもは大人よりも爪の伸びが早いので、こまめに確認しましょう。